創業332年の老舗 「芭蕉園茶舗」製造から一括管理した味と品質本位の日本茶専門店

緑茶ティーバッグ

 

芭蕉園茶舗の煎茶はすべて当店オリジナル商品です

良い作物はよい土壌づくりからと考え、肥料から一貫して管理し、その年の畑ごとの作柄によって配合を変え、常に最高の味を追求しています。
2煎目までこだわってテストし、納得したものだけを商品として販売しております。

緑茶ティーバッグの特徴

◎まるで急須で淹れたような味わい
◎仙台の食文化に合わせたオリジナルブレンド
◎「うま味」「とろみ」が濃く、「渋さ」はひかえめ
◎静岡県牧之原産の良質な高級茶葉を使用

静岡県牧ノ原の温暖で広大な平地で太陽の光をたくさん吸収し育った茶葉は柔らかく、芳潤な旨味を含んでいます。
毎日、欠かさず茶畑を見回りする管理の行き届いた指定茶園でのみ育てた茶葉を選りすぐります。

柔らかな茶葉の良さを活かすために「鮮度」にこだわり
「蒸し・火入れ」の調整を繊細に行っております。
ティーバッグ用に茶葉をカットし、より味が出やすくなっています。

緑茶ティーバッグ (28g 4g×7パック) 1,300円

※表示価格は税込となります。軽減税率8%適用しています。

美味しい緑茶を飲みたい方へお届けしたい

昨今は急須でお茶を淹れる環境・習慣がない方が多く見受けられます。
また急須をお持ちでも、お茶を淹れる作業が億劫になっているという方もいらっしゃいます。

そんな方々もペットボトル、ティーバッグなどで「口当たりの良い飲み物」として緑茶を日常的に緑茶を飲まれています。

日本茶専門店としては緑茶が本来持っている芳醇な味わいがあることをみなさんに知っていただきたいのです。

「日常の食で心身をより豊かに」

この想いを胸に、味・品質にこだわることを信条として
「急須で淹れるのと同じ美味しさの緑茶ティーバッグ」を目標とした商品開発をしました。

ティーバッグのサイズ、茶葉の量、茶葉のカット、お湯の量、温度、抽出時間
それぞれ0.5gの違い、5℃の違い等を比較検討し
仙台の食文化に合うような味わい、風味のお茶に仕立て上げました。

 

おいしい淹れ方

美味しく淹れる順序

①熱湯(湯量150cc)をカップに入れます

②カップが手で持てるくらいまで冷まします (湯温60℃)

③ティーバッグをカップに入れて待ちます (待ち時間90秒)

④ティーバッグを大きく上下に振ります(振る時間40秒)

⑤完成です!

★重要ポイント★

どちらの淹れ方も最後に
「ティーバッグを大きく上下にしっかり振る」ことが大変重要です。

急須では自然にできる攪拌(かくはん)がティーバッグだと意識して行わないと
攪拌できないのです。

攪拌されて味が出てくるとお湯が深い緑色になり、規定時間を振り続けたら完成です。

味の濃さ、渋みなどはお好みで調整してみてください。
ご自宅で美味しく飲めるまでサポート致します。
ご不明な点はお気軽に芭蕉園までお問い合わせくださいませ。

PAGETOP
Copyright © 有限会社 芭蕉園 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.